「頑張る事も大事だけど手を抜く力も生きていく中では必要」byななみ

はじめまして!!ななみと申します。双極性障害Ⅱ型で現在就労移行支援所に通いながら一般就労をめざしています。

小・中・高と水泳を選手コースで習っていました。中学・高校と水泳、勉強を頑張りすぎた挙げ句、キャパオーバーで倒れてしまいました 笑!それでも、家族や友達、恋人に囲まれて、色んな方々に支えられながら必死に毎日を生活しています!

いつか、障害を持つ方をサポートする仕事に就きたいと思い今毎日頑張っています。よろしくお願いします!!!

のこ太
よろしくね!

1. 私の人生

1.1 元気すぎて心配されていた幼少期

幼少期の私は、周りから本当に子供らしい子だねと言われながら育ちました。明るくて、元気で、よく動き、よく遊び、よく転び、よく笑い・・・笑 言い出したらキリがないくらいです。友達のお母さん方や近所の方からは典型的な元気で良い子でした。家族特に母親、親戚からは喋りすぎ、はしゃぎ過ぎ、テンション高すぎでひょっとしたら何かの病気があるのでは?と心配されていたらしいです。ですが、保育園、幼稚園の先生からは問題もなく、大丈夫と言われたそうです。母の心配をよそにただ、楽しい幼少時代を過ごしました。

のこママ
まさに朝ドラのヒロインって感じね!

1.2 少々辛いことがあった小学生時代

小学校に上がり、1.2年生は普通に楽しくかよっていました。ところが、小学校3年生になりクラス替えがありました。仲の良かった子とことごとく離れ離れになり、新しいクラスで頑張って友達を作りました。しかし、仲良くなった友達が強者でした。4人で仲良くしていたのですが、その中の一人がいわゆるいじめのリーダー格の子で4人の中からわたしだけをのけものにし始めました。最初は何が起こっているのか分かりませんでしたが、だんだんと自分は1人なんだという寂しい気持ちが蔓延していきました。この頃にちょうどスイミングスクールで選手コースに入らないか?というお誘いがあり、そこには仲の良かった子が何人かいたし、新しく出来た友達もいたので、居場所はなんとかありました。

そのいじめはじわじわと私を苦しめ、なんとか2学期までは頑張りましたが、冬休み明けの始業式の日、とうとう学校に行けなくなりました。そこから小4の2学期までお休みしていました。小4の途中からは行けたものの、また3学期から小5の1学期までお休みしました。ここで初めて母親に進められカウンセリングを受けに行きました。

小5の担任の先生が熱心で、幸い5年生でまたクラス替えがあり、仲の良かった子と一緒になり、なんとか学校に行けるようになりました。そこから卒業までは、また普通に学校に通いました。

のこ美
小学生の時から辛いことがあったのね…

1.3 辛かったり、成果が出たりの中学校時代

中学校に入り何とか新しい環境にもなれ、勉強も頑張っていました。が、あまり仲いい子が出来ず、小学校が一緒だった子達と一緒に過ごしていました。

1年生の2学期になぜか学級代表に選ばれ、体育大会の練習の先導をしていました。学級代表の選ばれ方が、私は2番目候補だったのですが、1番目候補の子がやりたくないと言い出し、私がやる事になりました。それが原因かは分かりませんが、1番目候補の子から影で悪口を言われるようになり、私に伝わってきました。他の子はあまり関わらない方がいいよ!と、教えてくれて私もほっておいていました。

合唱コンクールが近づいた時の班替えで、その子と同じ班になりました。私の学校はお弁当だったので、ミルクだけ給食があります。そのミルク給食をその子が率先して取りに行き私の分だけミルクを取って来ないのです。なので私は1人で取りにいっていました。ある日、もう皆の分だけ取りに行っているだろうから、私は私の分だけを取りに行き机に戻ると、その子が「なぜ自分の分だけ取りに行っているの?班のこの分も取ってきなさいよ!」と班の皆の前で言いました。他の子はその子に同調しました。他の班の子は私だけミルクを取ってきてくれてないのを知らなかったのです。その時はすごくショックで悲しすぎて、言葉が出ませんでした。今でも思い出すと悔しいし、腹立たしいです。

のこ太
なんて陰湿な!やっぱり女の子って怖いや!
のこママ
…いいからあんたは早く良い娘連れてきなさい

このことがキッカケでまた再び学校に行きたくなくなり、1年生が終わるまでお休みしました。この時、このことを母には言えませんでした。首が痛いから座れないので学校に行けないと嘘をつきました。嘘をつくと本当に痛くなってしまい首の神経をレーザーで焼かなくてはいけないまでひどくなりました。相当ストレスだったのだと思います。この時初めて水泳の方も1年生が終わるまで初めてお休みしました。小学校の時は学校には行ってなくても、水泳には行っていました。そこが私の居場所だったのだと思います。その時のコーチたちとはいまだに親交があり、気にかけてくれています。感謝しかないです!

それにしても、私はメンタル豆腐だなぁとつくづく思います 笑 残念ながら今も変わっていません 笑

2年生になり、クラスも変わり心機一転、新しく仲良くしてくれる友達が出来、勉強も水泳もすごくがんばりました。勉強の順位も点数もどんどん上がっていき、勉強するのが楽しかったです。また水泳の方もタイムが更新され、仲間たちにも恵まれてとても充実していまいした。

 

3年生になり、更に勉強に水泳に励み、ついにテストの学年順位が20番以内に入り、2学期の学習優秀者賞に選ばれました。いままでいじめてきた子が皆おんなじ学校にいたので、見返した気分でした 笑

水泳も1.2.3年生共に地区大会で優勝し、県大会で決勝にも残れるようになり、このときはスーパーひたすら頑張っていました。この時はキャパに余裕があったのでしょうね 笑笑!!

のこバブ
起死回生からの名誉挽回!そして文武両道、才色兼備!スーパーヒロイン誕生バブね!

1,4 楽しかったけど辛かった高校時代

高校は地区で2番目に学力の高い高校に進学出来ました。1年生のクラスでは出身中学校が私1人だけだったので、友達が出来るかどうか本当に心配でしたが、クラス皆が仲良くさらにとても良い友だちに恵まれ最高に楽しかったです。その友達の何人かは今も親交があります。また、学校には水泳部があり、水泳部に入りました。実は中学校には水泳部が無かったので、帰宅部でスクールに練習に行き、特別に試合だけは中学校の名前で出させてもらっていました。

進学した高校は地区の中でも有名な勉強を多く課せられ、校則も厳しい学校で有名でした。また皆勉強が出来、点数はある程度取れるものの順位が悪く、「私は勉強が出来ないんだ、落ちこぼれなんだ」と勝手に思い込み、自分を追い詰め睡眠時間を削り勉強するようになりました。

1年2学期の中間テストが終わった後から力が入らなくなり、抑うつ状態になり、学校に行けなくなりました。先生方は本当に優しく、「よく頑張っていたから少しゆっくり休みなさい」と言って頂けました。友達も休んでいる間ノートを取ってくれたり、連絡をくれたりとても有り難かったです。この時に心療内科に初めて行きました。しかしそこの病院は合わず、近くの総合リハビリ病院の脳神経外科に精神科のお医者さんが居てすごくいい先生と評判だったので、紹介してもらい通いました。1年生が終わるまで休み、2年生から復帰しました。2年生も抑うつながらも学校に行っていましたが、2学期の途中までで力尽き、行ったり行かなかったりで出席日数が足りなくなりました。留年は考えられなかったので、先生の勧めで通信制の高校に転校することになりました。

のこ太
周囲の人には恵まれたけどプレッシャーが強かったのかな?

 

高校時代の抑うつで食欲が無くなり、体重が10キロも減りました。もともと痩せている家系だったのですが、水泳をすることにより、よく食べ、ひたすら運動していたので筋肉で体型が大変なことになっていました笑笑。2年生の3学期の途中で転校し、3年生丸々通信制の高校に通いなんとか卒業できました。

1.5 何とか4年で卒業した大学時代

高校の3年間できちんと段階を踏んで勉強出来ていなかったのと、3年生はほとんど抑うつだったのでまともな勉強が出来ていませんでした。なので大学は元々の第一希望には行けず、滑り止めだった第四希望の大学行きました。私は京都が大好きで歴史が大好きだったので、京都の大学で歴史の勉強をしに行きました。なので初めてここで1人暮らしをします!!!!!

のこ蔵
花の都・京都!素敵ですな!

1回生前期は抑うつもあまり無く通っていたのですが、後期になり、勉強の不安と友達との関係などからまた抑うつになり、半年間休みました。休学届けは出していなかったので、ただ授業に出ていなかったことになります。実家に帰り、半年間は毎日寝て過ごしていました。その時の記憶はほとんど有りません。だた、しんどくて、辛くて、死にたくて、孤独でした。ここでも抑うつで食欲が減り、1日1食と少しおやつくらいしか食べていなかったのでまた痩せてしましました。半年休養し、3月頃になると少し元気になったため、リハビリも兼ねて近くのコンビニでアルバイトをしました。シフトが朝早かった為大変でしたが、良いリハビリになり、体力もつき段々と元気になっていきました。

2回生から学校に復帰しました。わたしの通っていた学校は福祉に力を入れていた学校だったので、無料でカウンセリングが受けられ、また単位のことなどを、相談支援室の職員の先生に相談出来たので凄く助かりましたし、沢山助けて頂きました。 2回生は単位を取るために授業にフルで入っていたり、新しく学外で観光案内のボランティアを始めたりすごく充実していました。

3回生は就活の準備が始まり、講座を受けたり、自己分析したり、インターンシップに行ったり、旅行に行ったり、勉強したりこの年も充実していました。

4回生になり、本格的に就活が始まり、3月から5月までは残りの授業と就活とでフル活動していました。5月に入り内定を2社頂いた時くらいから疲れがどっと出てきたように思います。内定を貰った会社は教育系の営業でした。いわゆる個人宅に1軒1軒回って営業する仕事です。親戚や先生、皆大反対でした。その時は、「なぜ一生懸命内定を取ったのに反対するのだろう」と思いまいしたが、今思いかえすと反対してもらって良かったと思っています。この時に体調が凄く悪く、また通っていた病院の先生がお辞めになるという事で、近くの精神科専門の病院に転院しました。そこで薬が新たに変わり、双極性障害という言葉を初めて聞きました。その後9月に大手小売業の会社に内定を頂いて就活は終了しました。

就活が終了したら次は卒業のための卒業論文制作です。私のゼミは私の学年は私1人、1つ下の学年も1人という超少人数でした。授業も3限・4限とぶっ通しで議論し合い、後輩のゼミの内容にも参加します。それはいい経験でした。いざ卒論を書き出すと文章のダメだしが多く凹みました。また内容も私がしたかった事から少しそれていたので、あまり興味湧かず苦痛になっていきました。好きな歴史のはずなのに辛かったです。厳しいゼミと卒論でだんだんと自分を追い込み、プレッシャーがかかりどんどん抑うつになっていきました。母親に来てもらって、支援室で卒論を書き、最後の注を付けるのは支援室の先生に手伝ってもらいながら何とか年末に完成しました。年が明け、卒論を窓口に余裕で提出出来たのがせめてもの救いでした。笑 口頭試問でなんとか合格し無事単位もそろい、何とか4年で卒業することが出来ました。卒業してからの春休みは旅行などにいきましたが、抑うつは取れませんでした。

 

大学時代の体調は3ヶ月フルで頑張り、1週間ほど寝込み、また復活を繰り返していて、体調の波が激しかったです。カウンセリングの先生には、「人とは違うエンジンを積んでいるんだね」と言われていました。病院を変わった時に、「あなたは病気ですよ」と言われて、私が変わっていたのは病気のせいなんだと安心してホッとした覚えがあります。

のこ蔵
双極症に振り回されながらも大学生活乗り切ったんですな!

1.6 生きづらかった社会人1年目

抑うつ状態のまま、内定をもらった会社に入社し、地元に戻る希望を出していたので地元から電車で30分の場所にある大手ショッピングセンターに入っている店舗に配属されました。私が配属されたブロックは、会社の創業の地であり古株のお客さまも多く、同僚は同年代が全くおらず年齢が20.30離れているかたばかりでした。また、同期はだれもいませんでした。教育係に付いてくれた先輩は、会社で一番優秀と言われている女性だったので、仕事は出来る方でしたが、教えてもらい方はあまり良くわかりませんでした。また、お局様がいらっしゃり、キツイ事も言われたり、他の同僚の悪口をその人が居るのに聞こえないように言っていて、空気感が最悪でした。それでストレスが溜まり、体調が悪化し休職を経て半年で退社しました。この時は本当に不甲斐なく、友達と比べて私は何をしているのかと落ち込みさらに抑うつ状態に入っていきました。この写真は抑うつの状態の最中、友達とユニバに行った時の写真です 笑

退社をした次の月から働き始めました、空白期間を空けてはいけない、また障害者雇用、手帳取得など頭に全くなかったので、地元の役所の臨時職員として採用され働きました。その職場も人間関係があまり良くなく、辛く当たってくる女性がいたので結構なストレスで抑うつがさらに酷くなり、半年後の更新ミスで満期退職することになりました。なので現在、社会人になって働いた経験は1年しかありません。

のこパパ
何だか嫌な雰囲気の職場だったな…

1.7 心が解放された現在

2017年3月で仕事を退職し、2017年8月まで自宅療養をしました。療養の始めの頃は1日中ねていました。寝て、食べて、少し動画を見るくらいしか出来ませんでした。この時の5月に彼とお付き合いをする事になりましたので、彼とのデートの為に頑張って体調を整える生活が続きました。寝ていたお陰で少しづつ元気になり、時間があるので貯金を使って台湾旅行に行ったり、大学の友達に会いに東京旅行に行ったりしました。とても良いリフレッシュになりました。

だんだん体調が整って来たので、8月に就労移行支援所の見学に行き、9月から通い始めて、今月(2018年9月)でちょうど1年になります!通い始めはなかなか体調が安定せず、休んだり、遅れて行ったり、していましたが、徐々に体調が安定し、現在では週5で通っています!元気になったので、活動する事で体調の安定を図っています!!! 仕事をするのも、仕事をする事で体調が安定し、余暇を楽しめたら良いなぁと思っています!

のこ美
心機一転リフレッシュ!今まであんなに頑張ってきたんだから!

目標も見つかり、今は充実した生活を送っています!

2. どんな精神障害を抱えていますか?

 2.1. いつから精神障害を抱えているのか?

高校1年の2月期の中間テスト以降、抑うつ状態になった時、メンタルクリニックに初めて行き、その時からだと思います。ですが、この時の病名は自律神経失調症でしたが、鬱の始まりだったのかなと考えています。抑うつ状態が良くなったのか分からないまま、高校を卒業し、大学に入学しました。大学1年でまた抑うつ状態になったので、薬の処方が変わり、半年で元気になりましたが、そこからは、躁と鬱の波を繰り返しながら、なんとか大学4回まで進学します。4回生の夏に今の病院に転院し、双極性障害を疑われ、処方が変わります。そこから4年で合う薬を探し、今は落ち着いて来ています。そして、2018年6月に先生に「私の病気は何なんですか?はっきり出来ないのですか?」と聞いたところ、「双極性障害と言ってもいいよ。診断書にも書くし、でも基本は気分障害かなぁ?!で発達障害もあると思う。でも、注意欠陥型のADADっぽいけど、はっきりとは言い切れない。でも病気は持っているよ」と言われました。なんとも曖昧なのですが、私は双極性障害なんだと認識しています。

のこバブ
双極症は他の精神病と併発している可能性が高いバブから診断が難しいのかもしれないバブね

 2.2. どのような症状?

ひどい鬱の時は、ひたすら寝ています。とゆうか、寝ることしか出来ません。何もやる気が起きません。何もしたくありません。好きなはずのお笑い番組、アイドル、音楽、ドラマなどが楽しいと感じません。涙が止まらなくて、希死念慮が少しでます。死のうと台所まで行き包丁を自分に向けましたが、「痛いだろうな」と怖くて出来ませんでした。私はそれが4回ほどありました。

躁の時は、心地よい躁と、不快な躁、いわゆる気分の良いハイテンションと不快なハイテンションがあります。楽しい時は就労以降支援所から帰って来ても物足りなく、オシャレして外出したいので、ドライブに行ったり、カフェに行ったりしていました。不快な躁の時は自分の内に籠るイライラと、心の中にモーターが入っていて、そのモーターが全力で回っている感じがし、動悸があり、息苦しく、とにかく独りでに気分が上がり、それに体がついて行っていない感じがします。

現在は鬱、躁共に波が小さくなり、基本は軽躁よりのフラットがここ1ヶ月程続いています。今の状態は初体験なので、これがたんに良くなっているのか、大きな波としての躁の状態なのかが分析出来ず分からないので、いつまた鬱になるのではないかと不安に思う事があります。

3. 精神障害でこれまで大変だった事

3.1 日常生活を送るのが辛い

鬱でも全く動けない鬱状態は1度しか経験がありません。なので、私は鬱でも頑張れば動けるので、それが辛かったです。鬱だけど動けるから頑張らないと、と思ってしまい、嫌々ながらやるべき事をやっていました。その結果、楽しくなかったり、楽しかった事でも嫌になり、でもしなければならなかったりして嫌いになりました。友達も少なからず何人かは離れて行きました。

鬱でも動けるので、ここで休むとサボりになるという恐怖感と、罪悪感。でもしんどいから休みたい。寝たい。家から出たくない。でも行かなければ!とゆう葛藤がすごく辛かったです。

躁の時は基本軽躁なので、そこまで影響はありませんが、不快な躁はイライラしますし、感情的になるので、母と喧嘩する事が増えていたのでそれが1番辛かったです。

4. 今現在どんな治療を行なっている?

現在は薬物治療とカウンセリングです!! !通院は現在は月1回です。体調によって変化しています。今は安定してきているということだと思います!

薬は、朝1錠、寝る前に8錠、頓服として最低6錠と違う種類の頓服を1錠飲んでいます!なので、1日合計maxで13錠から16錠ほど飲んでいる事になります  笑  相当量の薬を飲んでいます 泣  でもこれで安定しているので、出来れば徐々に減薬したいですし、先生も慎重に薬を選びたいと仰って下さっているので、先生を信頼して治療に励んでいます!!

カウンセリングは初めての頃は認知行動療法?と思っていましたが、ACTという治療方?の本があり、その本を基にカウンセリングをしていました。今はその本が終わったので、主に前回通院した時から何があったのかを先生に聞いて頂く感じのカウンセリングです。その先生は中学生の時に学校にカウンセラーとしていらしていた先生で、面識があったのですごく心強いです。

カウンセリングで睡眠記録シートを付け始め、だんだん自分の状態を客観的に見る事の大事さに気付き、ACTを通して客観的に見れる様になり、現在は自分の状態が鬱なのか躁なのかフラットなのか、ちょっとずつではありますが分かるようになって来ました。

のこ蔵
生活リズムの管理はとっても大事ですな!

5. わたしの日々の過ごし方

現在は月に18日程度就労移行支援所に通っています。週に4日ある時と5日ある時を交互にするように予定を組んでいます。通所時間も朝が辛かったため始めは遅めにしてもらっていましたが、現在は時間通りに通所できて来ています。

そして土日が基本お休みなので、どちらかを彼との時間、もう1日を友達との時間にしています。平日のお休みは家でゆっくり好きな事をしています。最近は元気になって来たので、節約をしながらお金が掛からない所に出かけたりしてリフレッシュしています 笑笑

 

ですが、毎週土日とも出かけるのはさすがに疲れるので、友達と遊ぶ日は月に2.3回と決めています。お金を1ヶ月いかにどう使い、どう貯めるかの練習にもなっていて、大学時代より上手くやりくり出来るようになり、なんだか成長した今日この頃です 笑笑

のこ太
順調そうだね!このまま寛解できるといいね!

6. 今の目標

今後、障害を持っている方のサポートが出来る仕事に就くために日々就労移行支援所で訓練しています。夢は私が通っているような就労移行支援所のスタッフになり、障害を抱えながら一生懸命仕事を探している方のお手伝いをしたいと思っています!!

生活面では、金銭的、精神的に自立して家庭を持てたら嬉しいなぁと考えています!!!

また、晴れのこや、今現在繋がりならある方のお手伝いをしながら、仕事では無く何か自分と同じ境遇の方のキッカケになる活動が出来たらいいなぁと思っています!

あくまでも、自分のキャパシティーの範囲内で潰れないようにですが 笑笑

のこママ
ステキな夢ね!おばさん応援するわ!

7. わたしにとって回復に役立ったと思う活動

1つ目は就労移行支援所に通っていることです。同じ病気の方は少ないですが、多少なりとも刺激はありますし、同年代、同性の方と精神病が同じで、仲良くなり、人間関係の幅が広がりました。また、年代の違う方とも同じ共通点から仲良くなって、色んな情報を頂いています!

2つ目はTwitterです。私リアルで知り合いの方だけしか承認しない非公開のTwitterをしていましたが、友達が仕事などを頑張っていて、私は何も出来ていない時、比べてしまって劣等感が酷かったので一旦辞めていました。ですが、病気の情報が欲しい、同じ病気の方と繋がりたいと思ったので、病気限定のTwitterアカウントを作り、結果色んな方と繋がる事が出来き、のこのこバーに出会い、そこから「晴れのこ」の存在を知り、体験談を書いたりお手伝いさせて頂けるようになりました。

3つ目に友達との関係を大事にするという事です。私の友達に1人鬱経験者がいます。その子は私の気持ちをすごく理解してくれて、また思い合ってくれます。また、今仲良くしている友達も、病気の症状や状態を説明した上で私と付き合ってくれていて、約束をしていても、体調が悪くなると「ドタキャンも大丈夫だからね」と言ってくれて、病気ごと受け入れてくれているので、私は孤独では無いんだなと感じれています。リアルでの友達との関係はすごく大事だと感じています。家族でも無く、恋人でもなく、当事者同士でも無いけれど、人間的に付き合ってくれている大事な存在だと感じていて、本当に感謝しています。

4つ目にノーチラス会に毎月行く事です。行くと行っても最近行き出したのですが、これもすごく有意義で色んな情報が入ってきて勉強になるので、寛解のための1歩だと思っています。

私が抑うつ状態から抜け出せたキッカケはひたすら寝ている事で、ちょっとずつ外に出て行きました。そして、定期的に外出する事により、規則正しい生活が出来るようになり、回復に繋がったのかなと思っています。残念ながら寛解ではありませんが…苦笑

そのお陰で、病気の事や、どうやったら寛解出来るのかという事を真剣に考えられるようになり、病気を受け入れ、一生付き合って行く覚悟ができました!そして、関連本や体験談を読んで、皆さんが実践されている対処法を自分も試してみて、合うものを見つけ、自分の対処法を見つけて行きました。

これらをして来たお陰で、自分を受け入れ、許し、好きになれるようになりました。病気になるまでは自分を好きだと思った事は1度もありませんでした。なので、辛い思いしましたけど病気になったお陰で、人生が深くなったし、当たり前の事を幸せだと感じられる事が増え、良かったなと思っています 笑

のこ爺
人生役に立たぬ経験などないのじゃ。お主の経験がきっと誰かの助けになる!

8. こんな活動しています!

現在は、晴れのこの活動のお手伝いをしています!

9.繋がろう!!

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね (6)
  • 会ってみたい (4)
  • 共感 (2)
  • すごい (2)
  • 参考になった (2)