「精神的に日本とスペインのハーフな人」by しがつ

¡Hola! 初めまして、4月生まれの しがつ です。

DV、家出、ストーカー等々様々なことを経験してきましたが、

なるべく軽く、ゆるく書いていこうと思います。

のこ太
しがつさんよろしくね!
のこ美ちゃん
スペイン語の挨拶が気になるわね!

1. 私の人生

 1.1. 幼少期

3姉妹の長女として生を受けました。

母にとっては第一子ということもあり、とても大切に育てられたようです。

保育園では必ずお気に入りの先生の服のすそを掴んで、ついてまわっていたそうです。

私の精神疾患や障害は、この頃から社会人になるまで発見されませんでした。

 1.2. 小学生、中学生時代

成績はすこぶる良かったです。ただ体育だけは苦手でした。

自分の体がどう動いているのか把握できなかったからです。

また、人間関係がうまくいかず、いじめを受けたのも小学生時代からでした。

上履きに画鋲を入れられたり、鶏の飼育小屋に閉じ込められたり。

諸々の出来事を、家では一切話しませんでした。

夫婦仲は冷めきっており、家庭内では誰も何も話さない環境でした。

何かを話せば、それをきっかけに父親が大暴れし、母が暴力をふるわれるからです。

中学生のいつだったか、私は入院しました。病名は今でもわかりません。

病院に父親が来るたび、ナースステーションに匿われたことをよく覚えています。

「母の恥ずかしい写真を病院中にばらまいてやる」が、彼の決まった捨て台詞でした。

のこ太
いじめも、家のことも、きっと僕たちが思う以上につらかったよね…

 1.3. 高校生時代

父親が変わりました。

正確には、籍を入れなかったので、父親とは言わないかもしれません。

その人は妻帯者でした。

そして、私の母との間に子供を作りました。この子が3姉妹の末っ子になります。

新しい父親は、母だけでなく、私や妹にも暴力をふるいました。

「俺は悪くない」と泣き叫びながら、物を投げていた姿をよく覚えています。

高3の夏、私は家出します。

スペインへ行き、現地の公立高校へ1年通いました。

のこ蔵さん
家出の先が、ス、ス、ス、スペインですと!?
のこ助さん
海を越える少女…家出にしてはクレイジーだぜ。

日本とは違い、無口な私の意見を積極的に聞いてくれる人ばかりで驚きました。

何も言わなければ存在しないのと変わらないけれど、

自分の意見を言ってみれば、喜ばれる、仲良くなれる、議論ができる。

私の価値観が大きく変わった体験となりました。

のこ太
海を越えた家出が、良い経験になったんだね!

 1.4. 大学生時代

一度帰国し、スペイン語学科のある大学へ入学しました。

1年間のスペイン生活でスペイン語を話せるようになっていましたが、

学問として知識を深めたかったのです。

成績は相変わらずすこぶる良好でした。

家庭環境もだいぶ改善されました。

私の家出をきっかけに、母はやっと男性から自立したようでした。

私は再度スペインへ向かいます。1年間そちらの大学に通いました。

そこで気付いたのですが、私のスペイン語はとても訛っていました。

高校生時代に行ったのはアンダルシア地方、今回はカスティーリャ地方。

同じスペイン語なのに、通じないことが度々あって、それを面白がっていました。

のこ蔵さん
わたすは訛りも文化の一つだと思うデス!笑わねぇで欲しいデス!
のこ助さん
(のこ蔵さん、説得力あるな…)

この頃、私にはストーカーがいました。

毎日何通も脅迫メールが届き、スペインまで迎えに行くと宣言され、

友人の家に避難したこともありました。

それでも、スペインでの思い出は心温まるものが大半を占めています。

帰国後、警察や日本の大学と一丸となりストーカー事件はなんとか収束します。

しかし、その頃に今度は痴漢被害にあいます。相手は有名人でした。

ニュースにもなり、ネット上では私を叩く風潮が強まりました。

家を特定する、という反応を見て、私はひきこもりになります。

就職活動は一切しませんでした。できませんでした。

特定されることや、その有名人のファンだけでなく、人間みんなが心底怖かったからです。

のこ美ちゃん
怖い体験が重なっちゃったんだね・・・
のこパパ
被害者なのに叩かれる…全く持って理解しがたいことだ。
のこ太
しがつさんはよく耐えたと思うよ!

2. どんな精神・発達障害を抱えていますか?

 2.1. いつから精神・発達障害を抱えているのか?

私はADHD、自閉症スペクトラム、双極性障害を持っています。

これらが発覚したのは、ひきこもりを脱し、会社で働くようになってからです。

社会に出てからも人間関係は苦手なまま、上司の指示は把握できず、

作業にも集中できず、受診してみたら障害が見つかりました。

思い返してみれば、

全く思い当たることがないのに、昨日まで話していた子に避けられたり、

先生の指示がいまいちわからず、周りの子の真似をしてしのいだり、

深く考えずに発した私の一言で先生が鬼のように激怒したり、

本を読む時は字を追う作業に面白みを感じたり、

仲良くしていただけなのにいつの間にか相手がストーカーになっていたり、

兆候はずっとあったのだなあと思います。

 2.2. どのような症状?

私の場合は、小さい頃からずっと気分の波が明確にありました。

恐らくはこれが双極性障害の症状なのだと思います。

元気な時は衝動に任せてある日突然遠出したり、

元気がない時はひたすら自室の布団にくるまっていたり、極端でした。

また、人の感情の機微にも疎いと思います。

空気の流れは読めても、笑顔の裏で傷ついていることには気付けません。

これらは発達障害の症状なのかなと思います。

今でもこれらの傾向はあります。最近また友人を失いました。

現在は鬱が重く、休職しています。復職時期は未定です。

3. 精神・発達障害でこれまで大変だった事

気分に波があることが辛いです。

友人とどこそこへ行こう、と計画しているうちは元気だったのに、

いざ実行にうつす時に元気がなくなっていたりすることがよくあります。

気分屋、とか、気難しいと思われることが多いです。

人間関係が良好に築けないのも辛いです。

また、こだわりも強く、柔軟に対応することができないことがあります。

家族や友人と分かりあえた経験が少なく、孤独感が強いです。

鬱が重い時は、布団から起き上がることも一苦労します。

「なんで普通のことが、普通の人と同じようにできないの」と母に泣かれたこともあります。

4. 今現在どんな治療を行なっている?

通院と、薬による治療を行っています。

カウンセリングを受けたり、自助会に参加したりは特にしていません。

1番の薬は、彼氏とのハグの時間です。人のぬくもりに勝るものはない気がします。

のこパパ
ハグの効果はすごいらしいな!
のこママ
そうみたいね!
のこバブちゃん
バブ!(パパ!ハグってなーに?)
のこ太
のこバブちゃんにはちょっと早いかも(照)

5. わたしの日々の過ごし方

現在は休職していることもあり、日々のんびり過ごしています。

元気が出ない時は1日中寝ていますし、元気のある時はゲーム実況をしたりしています。

最近友人を失ったこともあり、また人に対する恐怖が出てきて、ひきこもり気味です。

復職できるよう、なんとか気持ちを平坦にしようと、休むことに集中しています。

のこ太
”のこのこ”と…だね!
のこジィ
人生の中に”すろーらいふ”があっても良いもんじゃよ。

6. 今の目標

目下の目標は復職です。

しかしその前に、傷病手当金の申請をしないと…書類は苦手なのです…がんばります…

のこパパ
書類は…パパも苦手だ。
のこバァ
焦らずゆっくりとじゃのう。

7. わたしにとって回復に役立ったと思う活動

処方された薬をちゃんと飲むことです。

飲み忘れた日は症状が明らかに悪化します。

また、時々のこのこバーに参加することも私にとっては元気をもらえます。

話を聞いてもらえる、受け止めてもらえるということが、とても嬉しく、救われます。

のこ助さん
のこバーで話して、嬉しそうにしてたしがつさんの様子は覚えてるぜ!

8.逆にわたしにとって病状を悪化させたと思う活動

薬の飲み忘れです。

また、元気のない時にかけられる前向きで力強い発言も、気が重くなってしまいます。

人間関係のこじれも、一気に鬱になります。

9. こんな活動しています!

ゲーム実況をしています。

スマホアプリの白猫プロジェクトというゲームを主に遊んでいます。

また、ツイキャスも行っています。

こちらはゆるく、雑談がメインです。

どちらもかなりマイペースにやっているので、不定期です。

のこ蔵さん
白猫プロジェクト!わたすもそのゲーム好きですぞ!

10. 繋がろう!!

Twitterアカウントを載せておきます。

仲良くして頂けたら嬉しいです。

¡Hasta luego!

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね (2)
  • 共感 (1)
  • すごい (0)
  • 参考になった (0)
  • 会ってみたい (0)