晴れのこ加盟店説明

晴れのこ加盟店とは「精神障がい者の孤独をこの世からなくす」ことに協力してくれているお店です。
なぜ晴れのこ加盟店を開拓するかというと、一般的な想像を超えるくらい精神障がい者は肩身の狭い思いをしている場合があるからです。

ちなみに双極性障がいによって職を無くした僕が一番辛かった場所が美容室でした。事情により新しい美容室に行かなければならなくなったのですが、美容師さんから「お仕事何をされているんですか?」「最近はまっていることはなんですか?」など相手からしたら何気ない質問がたくさんきました。
僕は本当に困りました。特に仕事のことを聞かれた時に心が苦しくなりました。気分も最悪な日々を過ごしていたので正直はまっている事なんてありません。

必死に誤魔化しました。

この時に、実は僕は双極性がいで入院しちゃってたんですよ、と答えた時に、あーそうなんだそうなんだーそれは仕方ないねーって軽く理解される相手ならそれを告げたかったです。
しかし、僕が精神病なんて言ったらどんな反応をされるかわかりません。なんの知識もない人に変に掘り下げられても嫌だし、驚かれても困るし、腫れ物扱いなんてされたら地獄です。
この経験から僕は、「精神障がい者の孤独をこの世からなくす」ことに協力してくれるお店があったらどんなにいいだろうと思っています。受け入れてくれているということがわかるだけで行動も変わるし、安心もするものです。

現にリアルのこのこバーという僕の当事者会で使わせてもらっているバーは晴れのこ加盟店です。
利用者のみんなからは自分の障害のことを何も隠さなくて良くて、かつ、受け入れられてて、本当に居心地の良い空間だと言っていただけています。
のこのこ加盟店の利用は僕らにとって安心と安堵を与えてくれるものだと思っています。

さらに、晴れのこ加盟店には晴れのこのメンバー限定のスペシャルサービスも用意してもらっています。
オーナーが僕らのために選んでくれた温かいスペシャルサービスです。
言うなればこれは、「気持ち」に特化した障害者割引です。

僕は全てのお店で障害者割引があればいいのになといつも思っていました。
なぜなら、障害者割引はお金が安くなるだけでなく、配慮してもらえているという安心感や温かさを感じることができると思うからです。
この「気持ち」面の良さに注目しました。

お店もお金を安くするのは難しいかもしれませんが、「気持ち」を込めたサービスならばお金はかかりません。

例えばお店によっては、

  • 会計が終わった後に熱い握手とともに「またきてね」と言ってくれる。
  • 「君のために選んだんだよ」と言ってパイン飴をくれる。
  • 「頑張っていこう」という手紙を用意してくれる。

何をスペシャルサービスにするかはお店次第で、どのお店がどんなスペシャルサービスをしているかは行ってみないとわからないようにしようと思っています。
そのほうが、街に出ることがワクワクしませんか?

このスペシャルサービスを受ける条件は、晴れのこが発行する「晴れのこメンバー名刺」をお店に提示することです。
「晴れのこメンバー名刺」は①ライフスタイルページを執筆いただいた方、もしくは②オンラインサロン「晴れのこクラブ」にご加入の方の、①か②どちらかの条件に当てはまる方には発行しています。
気になる方は、晴れのこ運営までお尋ねください。

さて、そんな晴れのこ加盟店一覧はこちら!!